「中澤 圭介が予測する、 2016年のマーケティングトレンド」を読んで | Chica's BLOG〜感性こそブランド

「中澤 圭介が予測する、 2016年のマーケティングトレンド」を読んで

1月 11 2016, 0 Comments

情報が氾濫する時代に、いかに自分に必要な情報”だけ”を入手するか?という課題は、中小企業の経営者にとっては死活問題だと考えている。

そこで、必要になってくるのが”アレンジャー”の存在ではないか?と仮説を立てた。

常に選択が迫られる日常の中では、時間以上に大切な要素となりつつある。

テレビのニュースや日経新聞で情報を得ていた時代から、SNSが発達し「オピニオンリーダー」の思考も入手しやすくなった今。

単なる「ニュース」や「データ」を、自分に必要な「情報」にアレンジしてくれる「人」または「ツール」の存在が重要だ。

そんな視点でのサービスを考える中で、下記のページに出会った。

中澤 圭介が予測する、2016年のマーケティングトレンド>>

挙げられているトレンドは、下記の10項目。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1. 企業を挙げてのデータ活用の本格化

2. コンサルティング企業のさらなる躍進

3. カスタマージャーニーとオムニチャネルの融合

4. コンテンツの量から顧客目線コンテンツの質を向上

5. よりリアルな体験提供への投資

6. アトリビューション&行動予測

7. 動画活用の転機

8. Fintech(フィンテック)のマーケティング活用が本格化

9. 人工知能によるビジネスの進化

10. スタートアップ企業との共創

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

chess

それぞれの項目の説明を読むと、自主事業の背中を押すものであったり、他の企業の事業展開の背景が見えて来る。

その中の1つ。

弊社の場合は、制作(クリエイティブ)だけでは。。。と、コンサルティングをスタートしたので、2つ目の項目「2. コンサルティング企業のさらなる躍進」が身にしみてわかる。

そして、コンサルティング会社が少ない地方の場合は、それぞれの得意分野を生かした協業「小さい企業のネットワーク」が、生かされる事業を立ち上げ、充実させていきたいという思いがさらに強くなりました。

※フィンテックとはなんぞや?
という方は下記をどうぞ。

http://www.nikkei.com/article/DGXZZO76056900T20C14A8000064/

ぜひ、10個の詳しい説明は、ぜひ、下記のページでごらんください。

人それぞれ湧き上がるイメージが違うと思います。

中澤 圭介が予測する、
2016年のマーケティングトレンド







Comments are closed.