「親の家の片付け」って難しいですね…。 | Chica's BLOG〜感性こそブランド

「親の家の片付け」って難しいですね…。

1月 10 2017, 0 Comments

お正月、家に帰ったら・・・ちょっとびっくりしたことが。

それは、家の中にいろんなものが増えていたこと(苦笑)。

趣味の物だったり、生活の備品なんですがね・・・。

今、「親の家」で悩んでいる人が多いんです。

建築士として活動しているNPO法人にもいろいろな相談が寄せられます。

「親の家がすごい荷物で大変な状態なんですが、離れて住んでいるので、片づけにも行けないし、若くして家をでているのですでに関係性もおかしくなっていて・・・」とか。

「無くなった親の家、売りたいのですが、まだ近くに叔父や叔母がいて、母屋を売ることは・・・って言われるとね・・・」とか。

そんな方々の、「お話を聞く」しかできないのですが、きっと、「話す」だけでも気が軽くなるのかな・・・と。

モノの他にも、もう一つ。

私の実家は戦前の家。

とっても古いので、耐震も心配なんです。

瓦の下には土が乗っていて、重い。

地震が来たら、きっと傾き、潰れる。

「いつ来るか、生きているうちに来るかどうかも分からないのに、200万の工事はね・・・」と両親。

た、確かに・・・。

でも、もし、地震が来て、家の中にいて・・って考えると、心配ですよね。

ここで、私がポン!と200万円出せたらいいのですがー(笑)。

下記は実家の一角に見つけた変なもの・・・。

takatsuno

父に聞くと

「蜂蜜を取ろうと思ったけど、ミツバチが入らんかったんや」と…。

えっと、えっと、、、手作りでキレイに作ってありますが・・・。

何かでおびき寄せていたみたいですが・・・・。

来年は入るのかな・・・・。

実家には植物もたくさん、メダカもたくさん、鳥もたくさんいます・・・(汗)。

2015-06-02-16-22-48

田舎なので、置く場所はたくさんありますが・・・

それだけじゃなくて、左官職人だった仕事の道具がまだまだ山ほど・・・倉庫に・・・・。

「親の家」、ちょっといろいろ考えます。

先日も「親の家セミナー」を開催しましたが、「介護」も加わってくると、それぞれの想いも重なり、「効率」や「お金」だけでは済まなくなります。

娘が家を出たら、ちょっと「親の家」に寄る回数が増えるかな・・・と。

「片付け」・・・・というと、「モノ」に視点が行きますが、そこではなく、

「実は、まずは思考の整理が必要なんです」

と教えていただきました。

それを教えてくれたのは、ライフオーガナイザーの伊藤りょうこさん。

思考の整理を、親と一緒に進めていくといいんだろうな〜。きっと。

 







Comments are closed.