女性の活躍のために”制度”だけでは解決できないこと | Chica's BLOG〜感性こそブランド

女性の活躍のために”制度”だけでは解決できないこと

10月 7 2014, 0 Comments

政府が一生懸命、女性の活躍推進活動をしている。

制度や助成等、様々な援助や支援を打ち出している。

でも、この日本ではなかなか進まない…

そこを突破するために必要なのが、

”日本女性の感性の解放”にあると思っています。

日本の女性は何百年?と「家庭を守る」という価値観の元、生れ、育てられ、生活し、務め上げてきました。

そんな中で、急に「社会に出て活躍していいんだよ~!どうぞ~!」って言われたところで、どうでしょう?

男女雇用均等法は、ある意味、大きな変革の一つでした。
でも、それを心の底から望んでいた女性というのは、本当に一握りではないでしょうか。

今、仕事をしている女性の中でも、本当に心のそこから「求めて」仕事をしている人が
どれだけいるでしょうか?

本当に「自ら求めて(求感性)」仕事していたとしても・・・
子育てしながら働いていることに大小はあれど”罪悪感”を持っている女性の多いこと・・・
ここが最大の原因だと思っています。

身近にロールモデルがいないんです!

男女雇用均等法…あの様相を見ていると、どうも”戦い”に見えてなりません。
そう、男性社会への恨みつらみ…、悪いのは「男性」のようです。

でもね、女性の発言権がなかったとしても、そんな社会を作り上げてきた一員であることは確かです。

「誰」が悪いのではなく、原因はすべて「自分の中」にあります。

そんな中で、いくら制度が整ったとしても、女性の感性の中で、

●経済活動に参加し、利益を上げることに喜びを覚える。

●世界で通用する日本社会をつくるんだ!と命が燃える。

●地域経済の発展に寄与するために頑張ることが嬉しい!

そんな風に思える人は少ない。

なぜか?それは「力」や「能力」の問題ではなく、
そこに自分を置いて”考えるという経験”さえないということです。

写真 (6)上のような言葉ではなく、下記の様に言い換えるとどうでしょう?

●社会の問題を解決するために、自分にできることはしたい。

●自分の力を活かして、人の役に立てることはすごく嬉しい。

●自分の子どもの未来のために、母としてできることはやってから死にたい。

そう、視点や表現が違うだけなんです。
私自身、商売人の家庭で育ちましたので、思考が男性的であり、
上の表現に感性が反応します。

でも、日本の女性の場合、下の表現に感性が反応する人が多いようです。

いや?もしかしたら、同じように上の言葉に反応するけれど、それを否定された…
または、自分で否定している女性、自分なんて・・・と思ってしまっている人がいるかもしれません。

どうしてそうなるか?ではなく、DNAという名の感性に刻み込まれたものだと思うと、
その感性を変えろ!というのは間違っていて、

どうして、女性の活躍が必要なのか?を、女性の感性に届くように話すことが必要だとおもっています。

それには、”学校教育”のあり方も、考えたいところ…
先生たちは、一生懸命”進路指導”をしてくださる。でもね…

高1の娘の話を聞くと、同級生の女の子の将来の話を聞くとよくわかります。

大学進学は、あくまで就職のためであり、
それは、あくまで”職業”であって、それは通過点に過ぎず、終着駅は”結婚”です。

誰に”教育”されたわけではなく、日々の生活の中で”なんとなく”インストールされていくもの。

学校教育も変わらないといけないと思いますが、
私自身、それよりも大きな影響を与えると思っているのが、”家庭教育”です。

ここで結論です!(笑)

家庭教育を担っている母親が、自分の感性に気づき、解放し、自覚することで、
子ども達の視野を広くすることで、子供たちの力(感性)が解放されて、
生まれながらにして持っている、使命の道を歩むことができるんだと…。

子育てに専念したかれば、すればいい!
満足いくまで子育てしてから、仕事に戻っても全然大丈夫!!!
そう言ってくれる人はいないんだろうか?
だって、女性の感性はそこに喜びを感じる人が多いという「今」の現実があるんだから!

制度を改革したところで、企業がいろんな役職を用意しても、
女性の意識が変わらないと、何も変化は起きません。

女性の活躍、娘の教育…という話をしてきましたが…
息子の育児・教育のほうがもっと大切かもしれません。
だって、彼らは女性の母親から見たら”宇宙人”ですから(笑)。

でも、その息子が結婚し、奥さんを、母となった女性をどう扱うか?は
今の両親の影響を大きく受けるのは間違いがありませんね。

自分の感性を解放したい。
解放できたら、きっと子供たちにもいい影響を与えられる。
自分の感性を持て余している・・・・その理由を知りたい。

そんな方は、是非、一度、感性論哲学の芳村思風先生のお話を聞いてください。

目からウロコ?大きな許し?答え?

必ず、何かを手にするはずです。

10月25日(土)名古屋で講座があります。
中では、年代別子育て論のお話もしてくださる予定です。

子ども達のために・・・、いや、自分の今後の人生のために・・・、
いや、あなたの変化がもたらす、未来のために♪

感性論哲学 芳村思風先生講演会IN名古屋

”共に学ぶ、共に育つ” ~心ある人間に育てる~

女性100人集まれ!プロジェクト

10629699_842791359086156_5277231892352161613_n

※もちろん、男性も大歓迎です!!!男性は下記からお申込みください。
http://shihoo.p-kit.com/page220700.html

あ!!!是非、ご夫婦でご参加ください~♪

facebookをされている方は、上のページで申し込み後、
下記のイベントにも「参加」をクリックしてください(*^^*)

感性論哲学・芳村思風先生講演会≪女性100人集まれプロジェクト≫

会場でお会いするのを楽しみにしております。
※本当は、お話を聞いた感想も聞きたいので、是非、交流会もご参加を~♪

不明な点は下記からお気軽にお問合せください。

メールはこちらへ

 

 







Comments are closed.