「女であること」が喜べない自分との長いおつきあい | Chica's BLOG〜感性こそブランド

「女であること」が喜べない自分との長いおつきあい

1月 7 2017, 0 Comments

唐突ですが、、、、

「女性って大変ですよね」

と、女性の大変さに理解を示してくださった男性の言葉に甘え、

怒涛のように・・・・本音を吐く(汗)。

cafe1

「そうなんですよ・・・、

・毎朝のお化粧
・毎月の生理
・夜のお化粧落とし

で、結婚していたら、

・家事
・育児
・介護

旦那様が手伝ってくれる人が増えてきたといえ、まだまだ女性の方が負担が多いんですよね・・。

時間だけじゃなくて、化粧品だって購入しないといけないですし、なかなか自分に合う化粧品なんて見当たらず・・・・

保育園探しだって大変で、子どもたちとの毎日はほんと戦争ですし、

介護だって、仕組みや制度を理解することからスタートしないといけないなんて・・・

また、自分の意思ではどうしようもなく、体調がすぐれない時が毎月やってくるんです」

確かにお化粧をすることで、ちょっとはイメージがよくなるかもしれない。

女性であるがゆえに、子どもを授かることもできる。

でも、実は、生理が辛すぎて「女性」であることを喜べない人もいます。

もちろん、男性にもいろいろ悩みはあるはずですが・・・。

でもね〜、せっかく女性として生まれたのであれば、女性であることに感謝できるように生きたいね〜。

そんな風に思えてきたのは、40代になってからかもしれない。

それまでは、「男だったら良かったのに・・・」と悔しい思いばかり・・・。

おばさん化してきたのかな?(汗)

いや、「おじさん」にならないように、気をつけないと〜って思えてきたかもしれません。

きっと、働く現場の女性は「戦って」きました。

きっと、今までの時代、世の中でいう「女性らしい女性」ではやってこられなかった。

日本は、今、女性が本当の意味で活躍する時代に向けて、変革の時だと思っています。

変革の時だからこそ、何が正しくて、何が間違っているのか?

今までの尺度で測ってはいけないのではないか?と、最近、ちょっといろいろ考えます。







Comments are closed.