ハウスメーカーの社員が「自分の家は建てたくない」? | Chica's BLOG〜感性こそブランド

ハウスメーカーの社員が「自分の家は建てたくない」?

2月 20 2015, 0 Comments

image_685_400_0

私が、まだ若かりし頃のお話・・・

1998年ぐらいかな?

職人の要らない家が増えて来て、それをどうにかできないの?と、
1人で、いろいろな職人さんに会いに回っていた頃のこと。

1人の表具師さんが言った言葉

「あんたは、家族を養う必要が無いからそんなことが言える。
男は、家族を養わないといけないから、
好きな家じゃなくても、ハウスメーカーで安定した給料を
もらわないといけないだよ」

って、言われた。

そこで、思った。

「・・・いや、全ての人じゃない。
でも、それが現実なのは分かる・・・・」

もちろん、そんなことを危惧している人はたくさんいる。
それぞれのこだわりの元、
安定とは言えない世界で戦っている人がいる。

その後、確かに、何人にもお会いした。

自分の会社が建ててている家は、建てたくないと。

え?
え?
え?

じゃ、なぜ?

なぜ?お客様に勧められるの?

そう思いませんか?

そんな人が増えたら、どんどんその流れは加速化し、
日本の伝統的な住文化は失われて行く一方です。

もちろん、職人の技術も失われて行きます。
伊勢神宮の遷宮がそのためだと言われていますが、
あの特殊な技術だけが継承すべき技術ではありません。

でもね、
私も年を取り、多くの人に会い。
思うようになりました。

ハウスメーカーに勤務し、本意でないにしろ
自分のできる精一杯の中で、いい家を・・・と仕事をしている人

その人が一番苦しんでいるのかもしれない

と。

不本意のまま、自社の家を建てさせられ、住んでいる方も大勢いるでしょう。

建築を志し、夢を見ていた時代もあるであろうから。

でもね、でもね、
やっぱりこの流れは加速している。

そんな中で、

今日、みえスマの賛助会員の奥様が来られて
「建築の勉強を始めようと思う」
って、言って帰られた。

正直、

正直____

めっちゃ、嬉しいーーーーーーー!!!!!

途中から建築の知識を学ぶのは大変だと思う。
でもね、

もっと、もっと、
1人でも、
1人でも多く、家づくりに女性が関われるようになったら、
きっと家づくりが「暮らしをつくる」ことに変わると思うんです!!!!!!!!







Comments are closed.