企業ブランディング「3代目と4代目」 | Chica's BLOG〜感性こそブランド

企業ブランディング「3代目と4代目」

9月 19 2011, 0 Comments

今、グループ企業さんのブランディングをさせていただいている。

創業は明治。

ロゴを作成するために、企業のブランディングからスタート。
社是を見直し、きちんと言葉にして行く作業。

その中で、素敵なドラマにたくさん出会う。

私の中に浮かぶ数々のキーワード。

それをフィードバックすることで、より深く掘り下げていく作業。

一つの社是から、五カ条へ。
五カ条から、行動規範、クレドへ。

何のためのCIプロジェクトか?

いろいろ打合せさせていただく中で、一番感動したこと。

それは、3代目と4代目となる息子さん、お二人の関係。

いや、「関係」という言葉では表せないもの。

事業継承に悩む経営者は多い。

その理由は様々だと思いますが、今回お会いしたお二人はそんな雰囲気さえない。

なぜ?

私はそこにこのグループ企業さんの「底力」を感じました。

「圧倒的な安心感」

私はいつもブランディングの時にこの形容詞をつけて人を、企業を見ます。

「圧倒的な」

親から子へ

現社長から後継者へ

言葉ではなく受け継がれるものがある。

確実に。

それが企業であり、企業のDNAだ。

後継者であるべき息子さんが見ている未来をお伺いすると、こちらまで嬉しくなる。
一緒に歩みたくなる。

「圧倒的な安心感」

の底に流れるDNA。

そして、その安心感を支えている見えないところ。

感じられる多くを語らぬ美学
想像できないと思える努力

今回のプロジェクトで、隠れていたものが言葉になっていくことで、
電波していくであろうグループ内への波の大きさを想像するだけで興奮する。

そして、その瞬間に立ち合わせていただける幸せすぎる私。

それを今日、ロゴをデザインしてくれるデザイナーさんに伝えた。

彼女が言う。

「すごいですね」

その社長さん、企業さんのことが伝わった瞬間。

どんなロゴができあがってくるだろう。

私は楽しみに待ちつつ。

次のクライアント様のお見積りに入る。

社会的に必要な事業。
そして、他地域にも広がって欲しい、いや、拡がっていくであろう事業。
XX







Leave a Reply